ロボットと美術 ー 身体×機械のビジュアルイメージ

 

動く「ひとがた」の夢から、先端のロボティクスまで

今日の日本では、産業や医療の現場から漫画・アニメ等のフィクションに至るまで、社会のあらゆる場面でロボットが重要な役割を果たしています。なかでも人の形をした「ヒューマノイド」は、美術をはじめとする諸芸術において身体の表現と結びつき、独自の展開をとげています。本展ではそうしたロボットと美術とのかかわりの歴史を紹介し、その文化史的意義の問いかけを行いました。

「ロボット」という言葉は1920年、チェコの文学者カレル・チャペックの戯曲『R.U.R.』において、初めて登場しました。その後、新しい芸術運動や科学技術と結びついたロボットは、20世紀初頭の文化を華やかに彩るスター的存在となります。ロボットは同時代の日本にも到来し、1924年には築地小劇場が『R.U.R.』を翻訳上演、1928年に開催された大礼記念京都博覧会には「學天則」というロボットが出品されました。戦後、ロボットは大衆文化において、なくてはならない存在となりました。ロボットをモチーフにした漫画やアニメは娯楽作品としてだけでなく、ヒューマニズムや、時に反体制的なテーマも扱う、深く重厚な物語にまで発展しました。そうしたロボットのイメージは、現代の様々な分野における研究者やクリエイターに大きな影響を与えています。

本展覧会では、20世紀に生み出された「ロボット」をメインモチーフとしてとりあげることにより、科学技術と芸術、そして私たちの身体観の相互的な結びつきを明らかにしようと試みました。

2010年度美連協大賞・奨励賞受賞
第42回星雲賞自由部門ノミネート

青森県立美術館

2010年7月10日(土)~8月29日(日)

静岡県立美術館

2010年9月18日(土)~11月7日(日)

 

島根県立石見美術館

2010年11月20日(土)~2011年1月10日(月・祝)

 

展覧会オリジナルアニメ

イラスト:田中誠輝、寺岡賢司/彩色:福谷直樹 ©R&A/CA

近未来の日本を舞台に、「チャリ」と呼ばれる乗物型ロボットと、旧式の「チャリ」を大切にし続ける少女の物語。人間とロボットの「共生」をテーマにした作品です。

物語の舞台は、現代からそう遠くない未来。ロボットは人々の生活の一部として人間と一緒に暮らしていました。小学生のユマのお気に入りは子供用移動ロボット「チャリ」。まるで親友のように共に暮らしていたチャリはある日、故障して完全に稼働しなくなってしまいます。ユマの両親は大人用移動ロボットに買換え、チャリを美術館に寄贈することに。両親がチャリを美術館職員に引き渡す傍で寂しそうにみつめるユマ・・・。

それから、どれだけ時が経ったのでしょう。いつしかユマも母親となり、一人娘・ユイを授かっていました。

真夜中の静かな美術館。美術館職員がチャリを移動しようとして誤ってチャリを倒してしまいます。そのショックでチャリの中から口紅が落ちてくると、何かに導かれたかのように再起動するチャリ。警備員のすきをみて外に抜け出したチャリは、通学途中のユイと出会います。ボロボロのチャリはユイをユマだと思い込み、なんとか自分を思い出させようとしますが、ユイには何のことかさっぱり分かりません。チャリは最後の力を振り絞り、ユイを乗せて空へと上昇していきます。雲の上の光景は美しく、慌てていたユイの表情もやがて笑顔になっていきます。そのイメージはチャリの中で、かつてユマと過ごした最後の冬の風景と重なっていきました。

美術館に戻されたチャリ。何かに安堵したかのようにチャリの意識は途絶え、再び目覚めることはありませんでした。

 

企画・原案:トリメガ研究所(川西由里、工藤健志、村上敬)

監督:ロマのフ比嘉(「警察戦車隊 TANK S.W.A.T.01」監督)

脚本:湯浅弘章 (「真・女立喰師列伝〜草間のささやき 氷苺の玖実」監督)

キャラクター原案:D.K(「CASSHERN」コンセプトデザイン)

キャラクターデザイン:田中誠輝 (「みなみけ〜おかわり〜」キャラクターデザイン総作画監督)

メカニカルデザイン:寺岡賢司 (「攻殻機動隊SAC」「機動戦士ガンダム 00」メカニカルデザイン)

音楽プロデュース:神前暁

作曲:MONACA

アニメーション制作:株式会社アスリード、有限会社スタジオアールエフ

製作:株式会社キャラアニ、 ロボットと美術展実行委員会

©R&A / CA