2018年 美連協大賞「奨励賞」受賞!

「めがねと旅する美術展」が、美連協大賞「奨励賞」を受賞しました。

「ロボットと美術」(2010年)、「美少女の美術史」(2014年)に続き、トリメガ研究所3部作が全て同賞をいただくことができました。3度目の正直で「大賞」がとれなかったのは残念ではありますが、大変ありがたく名誉なことと、一同で喜びを分かちあっています。

「めがね展」にご出品、ご協力いただいた皆様、また過去の2展覧会も含め、トリメガ研究所の企画にご協力くださった皆様、10年間の活動を応援してくださった皆様に、あらためてお礼申し上げます。本当にありがとうございました!

※「美連協大賞」は、全国の公立美術館が加盟する美術館連絡協議会(美連協)が年に一度、内容にすぐれ話題性に富んだ展覧会を顕彰するものです